オーリスタットで効率的にダイエット

オーリスタットとお粥で引き締め効果をアップさせる

オーリスタットは、肥満治療薬として日本でも医師が処方する薬で、脂肪が蓄積したお腹や脚を引き締める効果があります。アメリカの治験結果によると1年間オーリスタットを服用すると、食事制限をしなくても60%の成人がおよそ5%の体重の減少を記録しました。オーリスタットは食事などから摂取された脂肪を吸収するのを防いで、便と一緒に排泄する働きがあります。個人差がありますが、食事中の25~30%の脂肪を排出します。さらにオーリスタットとお粥を組み合わせることで、より体のラインの引き締めに役立ちます。体を引き締めるためには、必要以上のカロリーを摂取しないことが大切です。しかし無理な食事制限を行うと、かえって空腹感を感じて食べ過ぎる恐れがあります。特にご飯などの炭水化物は食べ過ぎると脂肪として蓄積されやすいです。炭水化物は体内に吸収されると血糖値を急上昇させ、インスリンの分泌を促します。インスリンは血液中の糖分を細胞に取り込んで脂肪として溜め込む働きがあるので、太りやすくなります。お粥はご飯にたくさんの水分を含ませるため、少量でも満腹感を得ることができます。また体を温めることで、血行を良くして代謝がアップすれば痩せやすい体質になります。お粥ダイエットでは、1日3食のうち1食のみをお粥に変えます。人の体は自律神経によって働きが統制されており、栄養を吸収して脂肪を蓄える副交感神経は夜間に優位となります。よって夕食にお粥を食べると良いです。最近では様々なレトルトが販売され、炊飯器の設定一つでも簡単にお粥が作れます。ただし、お粥に載せる具材がカロリーが高くなると全体の摂取カロリーが増えるため、梅干や昆布などと一緒に食べます。