オーリスタットで効率的にダイエット

オーリスタットとビールが肥満対策に有効

オーリスタットは日本で肥満対策として用いられる薬です。オーリスタットの働きは、食事によって摂取した脂肪の25~30%を体内で吸収しないで便と一緒に排出させることです。オーリスタットを服用すれば、食事制限をしなくても摂取カロリーが抑えられて、肥満対策に多いに役立ちます。またビールも肥満対策に有効な飲み物です。ハーバード大学の研究で、適度な量のビールはダイエット効果をもたらすと分かっています。ビールは一杯飲むだけで、ご飯の半分に相当するカロリーがあります。しかし一般的にアルコールに含まれるカロリーは「エンプティカロリー」と呼ばれ、優先的に燃焼されます。ビールを飲んで太るのは、一緒に食べるおつまみのカロリーが高いためとされます。よっておつまみを枝豆や豆腐などに変えることで、摂取カロリーを抑えることが可能です。ビールはアルコール度数が低めなので、胃から腸に流れやすく、体内に吸収されやすいです。体内の血行が改善されるため、腸の機能が向上して便秘が解消されます。老廃物がなくなると代謝が上がって、効率良く脂肪を燃焼できます。またビールには他のお酒には含まれないビタミンB2やB6、B12を含んでいます。特にビタミンB2には脂肪を燃焼してエネルギーに変える酵素の働きを助ける作用があります。ホップは女性ホルモンに似た作用を持つ物質を含んでおり、女性ホルモンの乱れが原因である冷えが改善され、女性の肥満にも効果があります。ビールを飲む時は、ゆっくり飲むのが良いとされます。空腹時に一気に飲んでしまうと、血糖値が急上昇してインスリンの分泌が活発になり、脂肪を溜め込みやすくなるためです。また利尿作用が強いので、一緒に水を飲みます。