オーリスタットで効率的にダイエット

ダイエットは記録が重要!オーリスタットと漢方の効果

ダイエットで大切なのは、いまの自分の状況を見極めることです。そんなことわかっていると思うかもしれませんが、実際に行動を記録してみると、無意識にやってしまっている負の習慣というのは多いものです。
例えば、食事の記録をつけてみると、どれくらい自分が食べているのかがわかります。ちょっと口寂しいと思って口にしたキャンディー、お土産で配られたお菓子、ビールのお供のおつまみ、なども蓄積されていけば余分なカロリーになります。
こういったちょっとした食べ物は、案外カロリーとして計算に含んでいないことに気づきます。
まずは食行動を記録してみて、思っていたよりも食べていたとなったら、それを減らしてみるようにしましょう。最初から食べないようにするのではなく、とりあえず記録だけつけてみましょう。食べても良いけど、食べたら記録するという習慣をつけておくと、書き出すのが面倒になって余計に食べることが減ります。
オーリスタットと漢方はどちらが良いかという疑問ですが、これについては即効性を求めるか、時間をかけても良いので根本原因を改善するか、という目的によって違います。
オーリスタットは即効性があります。飲むと食べた脂肪分のうち30%が未吸収で体外に排出されるメカニズムです。脂っこい食事を食べた時にオーリスタットを飲むと太らずに済む、ということです。
一方、漢方にはオーリスタットのような即効性はありません。漢方は薬の性質上、体を改善させていった結果症状を改善させるメカニズムになっています。即効性はありませんが、肥満の根本原因を改善することが出来るので、時間がかかっても根本原因を解決したいという人に向いています。
どちらを使うかは目的によって使い分けると良いでしょう。